あなたはどのタイプ??


◆実はたくさんある不正咬合の種類◆

不正咬合(咬み合わせの乱れ)には様々な種類があります。矯正治療を始める前に、まずはあなたがどのタイプの不正咬合なのかを知りましょう。


出っ歯タイプ

  deppa-1.jpg   deppa-2.jpg  

   正しくは「上顎前突」と言います。上の前歯が大きく前に突き出ている状態です。

口が閉まらない程、前歯が出ていますと写真のように歯茎が赤く腫れます。

歯が後ろに下がると歯茎の腫れも改善されます。


 

         

 

受け口タイプ

  ukeguchi-1.jpg   ukeguchi-2.jpg  
受け口の正式名称は「下顎前突」。出っ歯とは反対に、下の前歯が大きく前に突き出ています。 
         

 

突き出しタイプ

「上下顎前突」です。上下の前歯が大きく前に突き出ていて、尖った口元になっています。

 

八重歯タイプ

  yaeba-1.jpg   yaeba-2.jpg  

一般的には乱杭歯と呼ばれ、正式には「叢生(そうせい)」です。

歯がでこぼこに生えてしまい、重なり合っている状態です。

歯磨きが困難で虫歯や歯周病の原因となります。 
         

 

開きタイプ

  hiraki-1.jpg   hiraki-2.jpg  
歯が開いていて咬み合いません。正しくは「開咬」と言います。 
         

 

交叉タイプ

  kousa-1.jpg   kousa-2.jpg  
歯の位置が逆に生えている状態です。
正しくは「交叉咬合」と言い、顔の非対称の原因になっていることも。 
         

 

かぶさりタイプ

  kabusari-1.jpg   kabusari-2.jpg  
上の歯が下の歯に大きくかぶさっています。正しくは過蓋咬合と言われます。